So-net無料ブログ作成

BEOWULF & BRENDEL

この作品も日本でロードショーしてくれるのかなぁ・・・・ひとあし先に文庫本は読んだけれど、絶対に観たいですねぇ~~BEOWULFが朗じるように歌う場面もあるので更に期待がふくらんじゃう

BEOWULFなんですがこの話は本当に英雄伝の基本そのもの!勇敢にして強く忠誠心に溢れ全くブレのない真っ直ぐ過ぎる生涯に私は中学校や小学校高学年あたりの教科書にぴったり!!なんておせっかいにも思ってしまった。

文体も文語調でスイスイ読んでしまうのはもったいない感じ!叙事詩のような美しい単語は呪文が隠されているように観念的だったりする。黒板に『Beowulfの生涯』な~~~んて書いてクラスで『ベーオウルフはどんな王様でしたか?』『なぜ進んで妖怪と戦ったのでしょう!』なんて話し合う像が浮かんできます。(遠い目。。。懐かしいあのころ・・・)

Attilaのようにお風呂でラブシーンとか女に翻弄されるシーンは映画化においてもきっとないだろうし、実際BEOWULFに女の影が一切なく、王子も持たなかったのですからおかしな嫉妬やこれと言った裏切りもないのです。マスマス教科書向き(何回も言うことないか・・・)

妖怪ととの格闘シーンは『コナン・ザ・グレート』のアーノルド・シュワルツネッガーを彷彿とさせる雰囲気なんですが、

BEOWULFの風貌を示すひとくだりは・・・『金髪の若者で、目は皆と同じく灰色、身の丈は頭半分高く、その首から肩にかけてのなだらかな筋肉には、北方の大熊とも組みうちできよう力が見て取れた』    きゃぁぁGerardにぴったりだぁ~~~とちょっと興奮してます

何が何でも日本で公開を!!!!!


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 9

fine day

「Moon Fishの・・・」のページからきました。
素敵なジェラルドいっぱい見せてもらえて喜んでます。
ベーオウルフは、井辻訳は、絶対、音読です!チビコ達にも読ませたいけど、教科書に載せられて、授業で、ずたずたにされるのは、や~ですね~。
映画、何としても、日本にきて欲しいですね~。DVDも出して欲しい!!!
私は、同じサトクリフ作の『炎の戦士 クーフリン』のクーフリンも絶対ジェラルドにぴったりだと思っているのですが・・・。ただ、ドラキュリアをした頃の方がもっとぴったりなのですけど。
by fine day (2005-04-12 09:49) 

Sapphire

>fine dayさん
いらっしゃいませ!
なるへそ!授業でズタズタ・・・・そういう悪戯は許しません(笑)
クーフリン。。そっかぁ~~美しい戦士だったんですよね!!ちょっと痩せてたころのジェラルドの方が美少年ぽくてぴったりくるのかもですね
自分の中でどんどんイメージが広がっていって留まりませんてば~

ワンモアキスあたりのジェラルドもギリシャ彫刻のような透明感のある美しさだったけど 最近はは逞しさが加わってまたいいお味ですよね
by Sapphire (2005-04-12 22:28) 

Gerrie

初めてこちらに書き込みさせていただきます。よろしくお願いいたします。
ベーオウルフの本、こちらで表紙&コメントを拝見して、早速注文いたしました。
めちゃくちゃ楽しみです〜。ホントきっとGerardにぴったり。
どんな役を演じても『透明感』のあるGerardが大好きです。
ハードな役でも、どこかしら繊細な所があって、微妙にオンナ心をくすぐるのです。
上手く表現出来ませんが、
片方の口角を少し上げて『ふっ・・』っと微笑む口元と言えばいいのでしょうか・・・
あの表情を見てしまうと、30分は何も手に着きません。。。
嗚呼!ベーオウルフと何の関係も無いですね(笑)
by Gerrie (2005-04-13 00:41) 

Sapphire

>Gerrieさん、いらっしゃいませ~
わかります~~freezeしちゃうその気持ち
この本ですが、一瞬詩集?・・・と思うほどの本で
いつもガツガツ斜め読みする私もゆったり読みましたよぉ~~是非お手元に一冊!!朗読もいいかも!きっと高尚な気分になれます

うぷぷ!私もジェラルドの口元がめっちゃ好き
ちょっと顔を傾けるようにする仕草もチャーミング
by Sapphire (2005-04-13 00:51) 

fine day

クーフリンは、太陽神とアルスター王の一族の姫との間の子で、アイルランド一の戦士とうたわれた、女と見まごう美青年だったそうです。怒ると、その変わり方がまたすさまじいのですけど・・・。
お気がむいたら、読んでみてください。児童書に分類されているとおもいます。一気に読めてしまう量です。

ベーオウルフは、もとが叙事詩なのです。脇明子さんが、『ファンタジーの秘密』という本(絶版)で、指輪物語の中のセオデン王はベーオウルフの影響が一番色濃くでているとおっしゃっています。
それにしても、映画、観たいですよね、は・や・く!公式サイトを何度も見てますよ。ジェリーがインタビューに答えてるところ。コーヒーをこぼしながら飲んで、「これがバイキングのやり方さ。」なんていいながら、こぶしで口をぬぐうところなど、も~、「おばかさん!」っていいたくなっちゃいます。
おじさんはいってるな~と思う時もあるのですが、なんかかわいくて、母性本能くすぐりますよね。これって、スターの大事な要素のひとつですよね。
by fine day (2005-04-13 08:36) 

fine day

再度、お邪魔します。さきほど、ふと気付きましたので。
クーフリン、アイルランドなんですよね、ジェラルドはスコティシュだから、これは無理があるなあって。ま、自分の頭の中で勝手に想像してるだけだから、構わないでしょうけど・・・。

森茉莉っていう作家、ご存知ですか?鴎外の娘さんですが、彼女は、小説書くのに自分の好きな俳優さんのポートレイトを切り抜いて、好きなように動かして話を作ってたらしいですよ。昔読みましたが、さもありなん、という気がしました。まるで少女漫画の世界。美少年やら、憂いを帯びたかっこいい中年おじさんやらが登場する世界だったというのが、私の認識なので。(間違ってたらゴメンネ)
でも、それで金儲けもできるなんて、羨ましいはなしだとは思われません?
by fine day (2005-04-13 15:12) 

Sapphire

>fine dayさん
母性本能くすぐる・・・これは大切な要素ですよ!!!出来れば男前がくすぐって欲しい
視覚的にfine dayさんのBest 3 of Gerardはなんでしょう?
私は①ファントム②Attila ③ドラキュラ・・・・って月並みですかぁ

BEOWULFのサイトの動画?気づいてなかったぁ~~見に行きます!!
井辻さんのBEOWULFは叙事詩と小説のミックスみたいで丁度心地よいって感じですよね、クーフリンも絶対読みますとも!!

森茉莉さんの手法・・ホント羨ましい、私に才能があったら絶対ジェラルドを思い浮かべて作品が作るのになぁ・・・
 
by Sapphire (2005-04-13 21:13) 

fine day

映画のイギリスの公式サイトのMAKING OFのLocation interview with GERARD BUTLERのとこです。ジェラルドが話しているのは、同じMAKING OFのところにあと2つあります。
ただねえ、この2つには、字幕(たとえ英語にせよ)がないのです。なにいってるのか、ほとんどわからん。かなしい・・・・。
Locationのほうは、辞書片手に、想像力を駆使して、なんとか・・・。
どこかで、だれかが、訳してくれてたのですが、どこだったか・・・。ゴメンネ。

せっかくの機会だ、英語を克服しよう!なんても思ったのですが、日本でふつーに学べる英語じゃ、たぶん、ジェラルドの英語が聞き取れるようになるのは、とてもむずかしかろう(スコットランド訛りに関するサイトをあれこれのぞいた結果)と悟りました。でも、そのうち、慣れてすこしくらい解るようになれるかも・・・なんておもって、飽きずに何度も聞いてますけどね。

視覚的ベスト・・・むずかしい・・・ 私は役にピッタリであればそれがいいので・・・
あ、ドラキュリアのDVDにあったオーディションのジェリー好き。アイラインで、おめめがペルシャ猫みたいで超キレイ。
オペラ座の中で、最初にクリスティーヌを地下に連れてく時、階段降りるのに、何度もクリスティーヌの方を振り返りながら、階段気をつけてって感じでいくところのジェラルド好き。あんな風にエスコートして欲しい!(あ~いっちゃった。恥ずかしー)

アッティラは、こちらの動画見せて頂いただけなので・・・。似合ってる。かっこいい。好みです、ハイ。
by fine day (2005-04-14 00:22) 

Sapphire

PCが調子悪くて2つのインタビューがすぐ止まってしまって・・・・
また別の機会にトライしてみます(泣)

ドラキュリアのジェラルドは『ワンモアキス』のジェラルドにそっくり(同一人物だから当たり前か・・・)ドラキュリアを逞しくしたらAttilaになり、Attilaをユーモラスにしたのがアンドレ・マレク・・・マレクキザにしたのがトゥーム・レイダーのジェラルドで・・・・・結構カメレオンな人ですね

私もエスコートする超紳士的なファントムの大ファン!!そして地下のDungeonで朗々と歌いあげるシーンも官能的で・・・マスカレードのあのど迫力も素敵
クライマックスのドンファンでは痺れまくりです~~~~
by Sapphire (2005-04-15 22:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。